電子テキストブック

プログラミング

マホーゴのプログラミング教材は、スクラッチを同時に使います。写真のように、タブレットにマホーゴを表示して、パソコンではスクラッチを起動します。子供は、タブレットに表示されているマホーゴの学習課題に沿って、パソコン上のスクラッチで作業を行います。

 

マホーゴのプログラミングでは、MITが開発したScratchを利用します。

簡単なゲーム作りを通して、プログラミング学習と創造性を高める「スクラッチのシンプルゲーム」がメインの教材となります。「スクラッチのシンプルゲーム」では、特に学習順番を定めていませんが、難易度の目安として、使用ブロック数を記載しています。最初のうちはブロック数の少ないユニットを選択してください。

スクラッチとは、MITが開発した無料の子供向けプログラミングツールです。

「スクラッチのシンプルゲーム」コース

ユニット数:約50回分

スクラッチのゲーム作りを通して、プログラミングの基本を学びながら、創造性を高めていくコースです。順番が決まったコースではなく、レベルに応じたゲームを、その都度選んで作成します。

対象:小学校1年生以上。スクラッチを数回使ったことがある子供。

時間:50~90分/回

「はじめてのスクラッチ」コース

「はじめてのスクラッチ」コースは、スクラッチの基本的な使い方を習得するコースです。

対象:小学校1年生以上。スクラッチを使ったことが無い子供。

時間:20~40分/回

ロボティクス

マホーゴのロボティクスでは、主にLEGOなどを中心に、amazon等で購入可能な安価なキットを利用するカリキュラムになっています。(専用キットの販売は行っておりません)

ロボティクスは、進行に応じてその他のキットの追加購入が必要になっていきます。

ギアとモーター コース

ユニット数:約15回分

「ギアとモーター」コースは、レゴを用いてギアやモーターの機構や組み立てを体験しながら学習するコースです。

使用キット

  • LEGO Crazy Action Contraptions 約2000円
  • LEGO Power Functions Motor Set 8293 約6000円
  • LEGO マホーゴ推奨追加LEGOギアセット

対象:小学校1年生以上。

時間:70~100分/回

micro:bitコース

ユニット数:約5回分

micro:bitを使って、プログラムが物質的な世界と関係する事を学ぶ

  • micro:bit
  • wifiのつながるPC

対象:小学校1年生以上。

時間:70~100分/回